リフォームによって税金を控除できる

リフォームは家をよりよくするために行うものではありますが、リフォームによって税金が安くなったりするようなことがあるのはご存知でしょうか?

実はリフォームによって税制が優遇されるケースがあり、一定の耐震リフォームやバリアフリーリフォーム、省エネリフォームなどといったことをすることによって固定資産税の免除や税額の控除、借金の減額というようなことができるのです。

また、このリフォームは併用できるような場合があり、複数の目的によるリフォームによって大きく税金を控除できるような場合もあります。
その他にも、直系尊属などの住宅取得等資金の非課税制度や相続時精算課税制度の住宅取得等資金の贈与を受けた場合の特例といったものも存在します。

ただし、この税制控除制度はちょっと条件が複雑な部分がありますし、各都道府県や市町村などによって、違ってくるようなケースもありますので、一度リフォームをする際には調べてみるのもいいでしょう。

これ以外にも住んでいる地域によってリフォーム事情が違っている事もあります。
鹿児島に住んでいる筆者は、リフォームをする前にまず鹿児島のサイトの情報を参考にしました。

見積もりや費用についても色々と参考になりましたので、皆さんも自分の住んでいる地域の情報を集めてみると良いかもしれません。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ